子役オーディションとは

子供の可能性を広げたい、本人の希望を叶えてあげたい、といった理由で、我が子を子役にしたいと考える親御さんも多くいるのではないでしょうか。しかし、子役になるためにはどうすればいいのかわからない、ということもあるかもしれません。子役になるには、様々な方法がありますが、基本的にはオーディションを受けて子役になるという流れになります。

子役オーディションは、大きく分けて2種類に分かれます。まず、芸能事務所に所属するためのオーディションについて紹介します。子役になる方法として、芸能事務所に所属することがありますが、そのためには事務所の入所オーディションに合格しなければなりません。これは、子役になる第一歩とも考えられます。

そして、入所オーディションとは別として、ドラマや映画、CMやミュージカルなどの役をつかむための出演オーディションがあります。出演オーディションは、事務所に所属している、いないに関わらず、デビューするためには多く受ける必要があります。たとえ事務所に所属していても、出演オーディションに受からなければデビューには至りません。そのため、子役にとって、重要なオーディションであるといえます。

芸能事務所の入所オーディションと、役をつかむための出演オーディションとでは、倍率や内容に違いはあるものの、どちらも子役になるためには重要なことです。当サイトでは、子役を目指したい方に向けて、オーディションの内容や受かるコツなどを紹介します。ぜひご参考いただければ幸いです。