Category Archives: 未分類

親ができること

オーディションを受けるのはお子さんですが、親はなにもできないかというと、そうではありません。子役のオーディションは、親も審査されている覚悟で臨みましょう。親が面接を受けるといったことはありませんが、審査対象の子どもにはどのような親がいるのか、ということは確認されていることがあるのです。

特に、出演オーディションでは、親の人物像もよく確認されます。出演オーディションは、実際に仕事を獲得するためのオーディションです。合格して出演が決まれば、当然、その対価が発生します。そのため、親が子どものマネージャーとなって、スケジュール管理や事務的な処理などを行う必要があるのです。そのようなときに親が文句や口出しを言うような扱いづらい人物だと、仕事が上手くいかなくなってしまいます。トラブルが起きてしまっては困るため、親が付き合いやすい人物であるのかもチェックしているのです。

チェックされるポイントとしては、親と子どもの関係性です。送り迎えの時間や待機時間なども、チェックされている可能性があるため、気を抜かないように注意しましょう。お子さんにその気がないのに無理矢理オーディションを受けさせたり、圧力をかけるような言葉をかけたりしないように気をつけてください。また、親の緊張は子どもにも伝わりやすいため、お互いにリラックスしてオーディションに臨めるようにしましょう。

受かるコツ

子役になるためにはオーデションに合格しなければならないとわかったら、次に気になることは、どうしたらオーデションに合格できるのか、ということでしょう。オーディションに合格するのは簡単なことではありませんが、いくつかのコツを覚えておくと安心できます。

まず、芸能事務所に入所するためのオーデションでは、自分の個性を活かすことがコツです。子役に求められるものは、子供らしい可愛さだけではありません。悪ガキのようなやんちゃ坊主や、大人びた子、ぽっちゃりとした癒し系の子など、メディアが求める多彩なキャラクターにも対応できるように、事務所では様々な個性を持つ子を見つけたいと考えているのです。自分にしかない個性を、のびのびと出せるようにすることが大切です。

そして、役をつかむための出演オーディションでは、個性ではなく、いかにその役にはまった演技をするかが重要です。演技にも個性はありますが、脚本家や監督が理想とする演技や、役のイメージにあった演技ができると良いでしょう。いかにして脚本家や監督の意図を読み取るかがコツとなります。また、オーデションを受ける際の服装は、普段の自分にあわせるのではなく、その役のイメージあったものを選ぶと良いでしょう。

オーディション内容

オーディションについて気になることといえば、やはりその内容でしょう。基本的な内容を把握できていれば、オーディション対策や心の準備もしやすくなります。

まず、芸能事務所の入所オーディションは、書類審査から始まります。書類審査に通過すると、オリエンテーションに招かれます。オリエンテーションにて、事務所の概要や、所属後のレッスン内容などの説明を受けます。その後、カメラテストと面接を受け、最後に実技試験を受けて合否判定という流れです。もちろん、事務所により多少の違いはありますが、基本的にはこのような内容であるといえます。入所オーディションについては、現在持っているスキルよりも、これからの可能性や伸びしろ、熱意などを重点的に審査されているといわれています。

そして、役をつかむための出演オーディションでは、まず自己紹介から始まり、セリフ読みや歌などの実技審査という流れが基本です。大役のオーディションの場合などは、一次審査のみならず、二次審査、三次審査、と複数回にわけて行うこともあり、その都度、内容が異なることもあります。出演オーディションでは、現在のスキルや、役のイメージに合うか否かなどを重点的に審査します。