受かるコツ

子役になるためにはオーデションに合格しなければならないとわかったら、次に気になることは、どうしたらオーデションに合格できるのか、ということでしょう。オーディションに合格するのは簡単なことではありませんが、いくつかのコツを覚えておくと安心できます。

まず、芸能事務所に入所するためのオーデションでは、自分の個性を活かすことがコツです。子役に求められるものは、子供らしい可愛さだけではありません。悪ガキのようなやんちゃ坊主や、大人びた子、ぽっちゃりとした癒し系の子など、メディアが求める多彩なキャラクターにも対応できるように、事務所では様々な個性を持つ子を見つけたいと考えているのです。自分にしかない個性を、のびのびと出せるようにすることが大切です。

そして、役をつかむための出演オーディションでは、個性ではなく、いかにその役にはまった演技をするかが重要です。演技にも個性はありますが、脚本家や監督が理想とする演技や、役のイメージにあった演技ができると良いでしょう。いかにして脚本家や監督の意図を読み取るかがコツとなります。また、オーデションを受ける際の服装は、普段の自分にあわせるのではなく、その役のイメージあったものを選ぶと良いでしょう。